ローグワンスターウォーズストーリー!ついにアレが明らかになる?





スターウォーズファンが待ちに待った!
「ローグワン/スターウォーズストーリー」



いよいよ公開です!


公開日:2016年12月16日(金)


スターウォーズ


「ローグワン/スターウォーズストーリー」は、
スターウォーズのスピンオフ映画。


スピンオフ映画とは?


本編の映画はそのままに、
あるものに焦点を合わせて
作り直した映画。


スターウォーズはなんとなく知ってるけど、
それだけで今回公開の映画、
「ローグワン/スターウォーズストーリー」は
楽しめるかな?と、

不安があるあなたの為に、


  • スターウォーズの楽しみ方
  • ローグワン/スターウォーズストーリーの見どころ


  • を、シェアしたいと思います!



    それでは、一緒に見て行ってくださいませヾ(*´∀`*)ノ



    Sponsored Link



    スターウォーズの楽しみ方は?


    スターウォーズシリーズの楽しみ方を
    知らない人って、意外といらっしゃいますよね?


    例えば、シリーズを観る順番!


    現在、エピソード1~7まで公開され、
    レンタルでも観ることができます。


    おさらいとして、「エピソード1から観てみようかな?」
    は、間違いなんです!!!


    正しく観る順番は?



    エピソード4、5、6、1、2、3、7と、
    劇場公開順で観るのがコツです。



    なぜ??と思う声も聞こえますが^^;
    ご安心ください。


    スターウォーズは三部作で一旦完結しています。


    もちろん、1から観ても
    違和感はありません。


    なぜ、エピソード4、5、6、1、2、3、7順
    なのかと言うと。


    最近、よく続編映画が前作の過去に
    焦点を当てた作品が多くあるのに
    気づきませんか?


    例えば、ピクサーの大ヒット映画
    「モンスターズインク」の続編。


    マイクとサリーの過去を描いた
    「モンスターズ・ユニバーシティ」です。


    この手法、実はスターウォーズが、
    先駆けて取り入れているのです。


    エピソード4~6の最強の敵・ダース・ベイダー。


    彼も最初から悪人だったのではありません。


    彼がどのようにしてダークサイド(暗黒面)に
    堕ちたかというストーリが描かれているのが、
    エピソード1~3なのです。


    つまり、エピソード4~6を観た後に、
    過去の謎を明らかにする
    エピソード1~3を観ると、
    より一層楽しめるというものなんです♪



    今回の「ローグ・ワン/スターウォーズストーリー」も、
    例外ではありません。


    なぜなら、エピソード4「スターウォーズ / 新たなる希望」
    の直前のお話なんですから♪


    「ローグワン/スターウォーズストーリー」の見どころとは?


    1977年に公開された、
    「スターウォーズ エピソードⅣ 新たなる希望」


    その始まりはヒロインであるレイア姫が、
    R2-D2に「あるもの」を託すシーンから始まります。


    その「あるもの」とはダース・ベイダー率いる
    帝国軍史上最強の兵器「デス・スター」の設計図。


    一切語られなかったその入手経路が、
    39年という年月を経て、
    ついに明らかになっちゃいます!!



    Sponsored Link




    旧三部作で反乱軍を何度も壊滅の危機に晒した、
    あの兵器はいかにして造られ。


    そして反乱軍はどのようにして
    設計図を奪ったのか!?


    スターウォーズを知る人なら、
    誰もが気になるその舞台裏を描いた物語


    それが「ローグワン/スターウォーズストーリー」
    なのです!


    今回はデス・スターの生みの親や、
    今でも絶大な人気を誇るダース・ベイダーも登場!


    さらに主人公の女兵士ジン・アーソは、
    2015年公開「スターウォーズ エピソードⅦ フォースの覚醒」の
    謎に迫る重要なキーパーソンとなるのか?


    旧三部作・新三部作の謎に迫るであろう本作は、
    まさにスターウォーズの原点!


    これを観ずして、スターウォーズは語れませんよ♪


    新旧ファンもドハマリ確定!ローグ・ワンが描く世界観


    2015年に公開された新シリーズ、
    「スターウォーズ エピソードⅦ フォースの覚醒」。


    その大ヒットの秘訣は、
    スターウォーズの世界を忠実に再現した
    技術力にあります。


    エピソードⅠ~ⅢのフルCGではなく、
    実写版とCGの融合により、
    ノスタルジー色たっぷりの仕上がりに。


    その意思は「ローグワン/スターウォーズストーリー」
    にも遺憾なく、発揮されています。


    旧三部作で大きな存在感を発揮した、
    帝国軍の歩兵ストーム・トルーパーや、
    歩行戦車のAT-AT、AT-ST。


    実写かCGか判断がつかないほど
    精巧になって、再登場!


    そして、今までになかった南国の惑星での死闘も、
    新旧ファン関係なく、
    ワクワクさせてくれること間違いなし!


    見事に再現されたエピソードⅢ以降の
    荒廃した世界だけでなく。


    スター・ウォーズお馴染みの効果音や、
    バックミュージックにも注目です!


    変えてはいけない要素を守りつつ、
    全く新しいスターウォーズを生み出して
    いるのにも目が離せません^^


    最後に


    「ローグワン/スターウォーズストーリー」を
    楽しむには、DVDで過去の作品を
    おさらいすることをオススメします!


    正しく観る順番は、
    エピソード4、5、6、1、2、3、7と、
    劇場公開順で観る。


    「ローグワン/スターウォーズストーリー」は、
    エピソード4直前の物語なので、


    「ローグワン/スターウォーズストーリー」を、
    より楽しみむには、
    エピソード3と4は必ず観て下さいね^^


    Sponsored Link



       

    この記事が少しでも【役に立った!】と感じて頂けましたら、
    上のソーシャルボタンより共有して頂けると励みになります!

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ