大根の保存方法(冷蔵)・栄養素を逃がさないコツは?

大根の保存方法を知りたい!


大根の保存方法

家族が少ないと、1本丸ごと
食べるのってなかなか難しいですよね?


そこで、丸ごと大根とカット大根の、
保存方法(冷蔵)をシェアします。


この方法なら栄養素も逃がさす、
美味しいまま日持ちしますよ~


それでは、一緒に見て行ってくださいませヾ(*´∀`*)ノ



Sponsored Link




大根と言えば、「冬野菜」の代表ですが、
最近は1年を通じて食べられてますよね。


でも、季節によって大根の味は、
こんなにも違うのですよ!


  • 春大根
  • 5月~6月に収穫
    特徴:お尻の部分が細い、水分量が多い、苦みがある
    主な産地:千葉県


  • 夏大根
  • 美濃早生、時無し、四十日などの大根の総称
    特徴:強い苦み
    主な産地:北海道


  • 秋冬大根
  • 特徴:甘みが強い
    主な産地:宮崎県・神奈川県・千葉県


    やはり、これを見ると
    秋冬大根が美味しい!ってのが、
    わかりますね~^^


    そんな美味しい大根を、栄養素を
    逃さす保存してみましょう!



    丸ごと1本を保存(冷蔵)方法は?


    ①大根に付着したドロ汚れをキレイに洗い流す。
    ②葉を2cm上から切り落とす。
    ③湿らせた新聞紙で大根を包み込み、
    ビニール袋へ入れる。
    ④紙パックなどを活用し、立てて保存する。


    葉を切る


    実はこの葉を切るのが、
    栄養素を逃がさないポイントなんです!



    大根の葉が付いた状態で保存してしまうと、
    葉の部分から根に含まれる水分が
    外へと抜け出してしまいます。

    含有されている栄養素をどんどん吸収してしまい、
    大根がしなしなになってしまうのです;;


    必ず、葉を切り落して保存して
    くださいね^^


    大根は、低温状態がキープできる、
    野菜室にて保存するのがオススメです。



    カット大根の保存(冷蔵)方法は?


    冷蔵庫が小さいので、
    丸ごと1本は保存できない場合は。


    半分にカットして保存してもOKです^^



    丸ごと1本とカット大根の保存方法の違いは?



    カットした大根には、断面ができますよね。


    よく、その断面だけをラップで
    包む方も多いのですが、



    カット大根・栄養素を逃がさないコツは?



  • 切った断面を上にする
  • カット大根全体を包む


  • 大根の栄養素を外に逃さない為には、
    断面以外の場所も包み込む必要があります!


    しっかりビチビチに、
    包んであげてくださいね^^



    最後に


    大根を冷蔵で保存すると、

    1週間~10日 日持ちします。


    大根の栄養素を逃がさないように、
    丸ごと1本美味しくいただいてくださいませヾ(*´∀`*)ノ


    Sponsored Link


    Sponsored Link


       

    この記事が少しでも【役に立った!】と感じて頂けましたら、
    上のソーシャルボタンより共有して頂けると励みになります!

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ