祇園祭「無言参り」本当のお参り方は?1日7回往復する!






祇園祭にしかできない「無言参り」

無言参りってどんなお参りなの?




京都好きの方なら、
一度は聞いたことがある「無言参り」


その、無言参りの本当の
お参り方を知ってますか?


ネットで調べると、
「7日間毎日お参りする」
と、あるのを多く目にします。


しかしそれは間違った情報なんです!!!!


間違った情報がこれ以上拡散しない為にも、
無言参りについての、
正しい情報をがっつりまとめました。


これであなたも京都通^^


それでは、一緒に見て行ってくださいませヽ(*´∀`)ノ


Sponsored Link



無言参りの時期は?


無言参りは祇園祭り期間中の7日間
になります。


7月17日~24日


なぜこの期間だけかと言うと、
この記事にも詳しく書いている、

京都祇園祭2016♪神輿渡御って何?混雑をさける特等席がある!

神輿渡御と言う祭事で使う
3基の神輿を鎮座させる場所が、
無言参りの場所になるのです。


17日に3基の神輿を
八坂神社から運び、
24日にはまた八坂神社へと戻ります。


この期間が7日間なので、
無言参りも7日しか
できないと言う事なんです。



無言参りの場所は?


3基の神輿を鎮座させる場所を
御旅所(おたびしょ)と言います。


普段はお土産物屋なのですが、
神輿を鎮座させる期間だけ
御旅所となります。





なぜ、この御旅所でお参りするのでしょうか?


この3基の神輿には、それぞれ神様が
乗り移っているのです。



  • 素戔嗚尊 (すさのをのみこと)
  • 櫛稲田姫命 (くしいなだひめのみこと)
  • 八柱御子神 (やはしらのみこがみ)


  • この神様に願い事をしていたんですね。


    三人の神様がいる神聖な場所。


    かなりご利益がありそうです!


    舞妓や芸妓さんはこの御旅所で、
    どんな風にお参りしてたのでしょうか?


    続いて本題の「無言参り」に
    ついて紹介します。



    Sponsored Link




    無言参りとは?


    元は京都祇園の舞妓、芸妓さんの
    願掛けのお参りから始まりました。


    御旅所に神輿が鎮座している
    7日の間に道中誰とも
    言葉を交わさずにお参りをする。


    言葉を交わすと願いが叶わないと
    言われています。


    なのでうっかり言葉を発してしまったら、
    また一からやり直しとなるのです^^;



    道中とはどこからの事?


    祇園から御旅所の間の事です。



    徒歩で15分くらいになります。


    無言参りのお参りの方法は?


    どのサイトを見ても、
    7日間毎日無言でお参りするとあります。


    しかし、本当の「無言参り」は、


    1日に7回お参りする!


    その根拠は!


    もう20年程前に買った、
    祇園生まれ祇園育ちの芸妓さんが書いた本

    「祇園よいばなし」

    無言参り

    に、無言参りの事が詳しく書いていました。


    それぞれのお茶席が終わった夜に、
    無言参りをするそうです。


    舞妓や芸妓お客さんなどは、
    「あ、今無言参りしてるんだな。」と
    声をかけずに素通りしてくれるそうですが。


    ちょっと意地悪なお客さんに捕まった時は、
    話かけられてまた一からお参りの
    やり直しになるそうです^^;


    心の中では6往復もしたのに、
    話しかけやがって!って感じでしょうか?(笑)


    そうこうやってると、
    夜が明ける事もあるそうですよ。



    現代では7回お参りするのではなく、
    御旅所の前で手を合わせる姿を多く見かけます。


    yjimage
    Copyright© 京都発! ふらっとトラベル研究所


    最後に


    無言参りについてまとめますね。


    期間:7月17日~24日

    場所:祇園御旅所

    お参り方法:1日7回 祇園~御旅所を往復

    注意:道中は言葉を発してはいけない


    祇園の舞妓・芸妓さんから始まった
    無言参り。


    現代でも期間中は、3基の神様を乗せた
    神輿が並んでいます。


    今年の祇園祭は、
    御旅所に寄ってあなたも
    願い事をしてはいかがでしょうか?^^


    Sponsored Link


       

    この記事が少しでも【役に立った!】と感じて頂けましたら、
    上のソーシャルボタンより共有して頂けると励みになります!

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ