鎌倉のカフェ♪紅葉の後は穴場カフェへ?おひとり様も安心!

鎌倉のカフェ♪
紅葉狩りのあとは絶品スイーツを楽しみたい!




これからの季節、鎌倉で紅葉狩りを、
楽しむ方も多いかと思いますが!


女子にとっては、紅葉狩りもいいけれど、
歩くモチベーションは、
やっぱり甘いもの?


ですよねヽ(・∀・)ノ


管理人が、東京に住んでいた時、
癒しを探し見つけた場所が、

鎌倉


人生で初めて、一人カフェを体験
したのも鎌倉なんです^^;


鎌倉と言えば、洋風のおしゃれな
カフェばかりなんだろうな~と、
勝手なイメージでしたが。


意外と、和カフェ甘味処が、
沢山あるんですよ♪


でも、あまりにもカフェが
多すぎて、


どこに入っていいかわからないっ(;´Д`)



そんなあなたに、紅葉狩りのあとの、
オススメカフェを、
是非紹介したいと思います!


1年で、50軒以上の
鎌倉のカフェを巡った、
管理人にお任せ下さい(*^^)v



鎌倉に行けば必ず寄る、
管理人一押しの、
穴場カフェも後半で紹介しています。



どうぞ、一緒に見ていってくださいませヽ(*´∀`)ノ


Sponsored Link




鎌倉と言えば、「大仏」「鶴岡八幡宮」が、
有名です♪


鎌倉駅から、鶴岡八幡宮までも
歩いて行ける、この通りを
小町通りと言います。


小町通り周辺は、鎌倉の中心部に
なるので、「どこに入ったらいいの?」
ってくらい、お店がひしめいています。



そんな鎌倉中心部の、
駅近オススメカフェを、
第一弾として紹介します(^-^)/




鎌倉のカフェ・オススメはどこ?


納言志るこ店


戦後まもない1953年から営む老舗の甘味処。

こじんまりしたお店ですが、
「鎌倉といえば!」という、
レトロな雰囲気が味わえます。


  • 焼き餅が入ったつぶあんの田舎しるこ(700円)
  • 20150319184529

  • こしあんの御前しるこ(700円)

  • クリームあんみつ(600円)

  • は、もちろん絶品ですが、
    そのお口直しにそっと添えてある、
    きゃらぶきがまた最高なんです^^


    管理人つぶ餡が大好物で、
    家でもお餅を焼いて、
    缶詰のつぶ餡でおしるこを
    作ったりします。


    でも、やっぱり違いますね^^;


    つぶ餡の食感や、絶妙な甘さ!


    結構大きなお椀に入ってるのに、
    ペロリといけちゃうくらい、
    くどくない甘さなんです。


    欲を言えば、入っている焼き餅を
    二つにしてほしい(笑)


    鎌倉に来たなら、一度は食して欲しい
    おしるこです♪


    土日は長蛇の列となりますが、
    回転が速いので、意外とすぐに
    通してもらえますよ。





    住所:鎌倉市小町1-5-10
    電話番号:0467-22-3105
    営業時間:11時~18時
    定休日:水曜日・第三木曜日



    イワタコーヒー店


    小町通りに入って、すぐ右手にある
    昔ながらの喫茶店。


    昭和23年創業とあり、
    なんとも昭和の匂いが、
    プンプンします^^


    管理人は、このショーケースに
    惹かれふらっと入ったお店です。

    iwata

    このようなショーケースって、
    今じゃなかなか見られませんよね^^;



    ここの看板メニューは、ホットケーキ

  • ホットケーキ(800円)

  • IMG_5543

  • ブレンドコーヒー(600円)


  • 一度は食べたい、ホットケーキとして有名で、
    さらに焼きあがるまでに、
    20~30分かかります。


    それでも待つ価値はある、
    ホットケーキですっ!


    外はサクッ、中はフワッと思いきや、
    以外としっかりした感じで、
    シロップをあまりかけなくても、
    濃厚な生地でした。


    イメージしている、
    ホットケーキとは全く違い、
    想像以上に美味しかったです(*´∀`*)


    世界的に有名な、イギリスの伝説バンド
    御夫妻も、お気にりのホットケーキ
    だったそうですよ。


    厚さ5センチ程ある、
    2枚のホットケーキは、
    シェアがオススメ。


    1枚でも食べごたえ十分です!


    これを食べないと、鎌倉は語れませんよ( ̄∀ ̄)






    住所:鎌倉市小町1-5-7
    電話番号:0467-22-2689
    営業時間:10時~17時30分
    定休日:火曜日・第二水槽日


    豊島屋菓寮 八十小路(とよしまやかりょう はとこうじ)


    鎌倉土産「鳩サブレー」の、
    豊島屋が営む甘味処


    鳩サブレーはもちろん知ってますが、
    鎌倉土産だとはびっくりしました!


    ずーーと、東京土産だと思っていた、
    なんとも、あんぽんたんな管理人です(^_^;)



    このお店のオススメメニューは、
    毎月変わる練り切り生菓子と本わらび餅



  • 練り切り生菓子(520円)

  • 本わらび餅(700円)
  • o0350026310305012336



    この本わらび餅は、
    注文を受けてから作るのです。


    「これが本物のわらびなんだ」・・・と、
    初めて体験する食感!


    そして衝撃を受けたのが、
    わらび餅が温かい(°д°)


    ん? これって常識?


    管理人、冷たいわらび餅しか、
    食べたことがなかったので、
    ほんと衝撃でした!


    絶品と言う言葉がふさわしい、
    本わらび餅です\(^o^)/


    夏以外の季節に食べるのが、
    オススメです。





    住所:鎌倉市小町2-9-20
    電話番号:0467-24-0810
    営業時間:11時~17時
    定休日:水曜日


    Sponsored Link



    管理人一押し!一度は訪れて欲しい!オススメカフェ


    Garage Blue Bell(ガレージ ブルーベル )


    古民家を改装している、
    こちらのカフェは一軒家なので、
    以外と見つけにくいです。


    そこが、穴場
    言われる所以で、知る人ぞ知る、
    隠れ家英国ティールームなのです。


    一軒家を改装してるとあって、
    他のカフェと違うのは、
    靴を脱いで入ります。


    最初、「しまった!面倒くさいな~」って
    思ったけど、靴を脱ぐだけで、
    なんとも言えないほっこり感(*^_^*)


    店内は、ビンテージの家具、雑貨が
    配置してあり、和洋折衷の雰囲気が
    たまりません!


    Garage Blue Bellさんのオススメは!
    やはりスコーンっ!


  • スコーン2個 クリーム・ジャム付(600円)
    スコーン

  • ダージリンティー(600円)

  • アッサムティー(500円)


  • 口の水分を全部持っていかれそうな、
    もたっとしたスコーンしか、
    食べたことのない管理人は!


    これが本物のスコーン?
    と、涙モノでした(・∀・)


    卵は使用していなくて、
    リッチ感があるバターの風味。


    匂いだけで、紅茶がいけそうな
    勢いです(笑)


    軽くてサクサクなスコーンも、
    スコーンに付ける、
    ジャムやクリームも、
    全てオーナーの手作り。


    管理人みたいな人見知りも、
    ここはおひとり様でも、
    安心して入れるカフェです♪



    歩き疲れた時や、都会の生活に
    疲れた時は、Garage Blue Bellへ
    訪れてリフレッシュしてください^^





    住所:鎌倉市小町2-4-14
    電話番号:0467-22-4836
    営業時間:11時~17時半
    定休日:木曜日


    最後に


    鎌倉中心部、小町通りにある
    オススメカフェを紹介しました^^


  • 納言志るこ店 
  • イワタ珈琲店
  • 豊島屋菓寮 八十小路
  • Garage Blue Bell


  • どのカフェも、駅から徒歩5分
    行け、絶品スイーツを、
    味わえること間違いなしですw


    参考になりましたでしょうか?

    「ここに行ってみたい!」って、
    思ってもらえれば幸いです。


    鎌倉にはまだまだ、
    オススメしたいカフェが、
    沢山ありますっ!


    鎌倉らしい江ノ電と海が、
    楽しめるカフェも、
    紹介しています。


    あわせて参考にしてくださいませヽ(*´∀`)ノ



    Sponsored Link


       

    この記事が少しでも【役に立った!】と感じて頂けましたら、
    上のソーシャルボタンより共有して頂けると励みになります!

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ