マイナンバー制度開始前の準備は?セミナー参加情報!

マイナンバー制度!
開始前に何を準備すればいいの?



様々な議論がなされてきた、
マイナンバー制度。


いよいよ、この2015年10月から
マイナンバーが通知されます。


94473a2d00c42aeac101347eda9ca9ee_s


「役所から、勝手に送られてくるんだよね?」
「主人の会社で色々やってくれるんでしょ?」


なーんて、すっかり役所にお任せモードに、
なってませんか?


マイナンバー制度開始前に、
個人で必要な準備、確認をしないと
いけません!

(実は私も知らなかった^^;)


今回、マイナンバーの導入開始にあたり、
個人情報保護士開催の、
セミナーに参加してきました!


私のような、主婦の方にも、
しっかりわかりやすく、
解説したいと思いますっ


どうぞ、一緒に見ていって下さいませヽ(*´∀`)ノ


Sponsored Link



マイナンバーって何?


そもそも、マイナンバーって
なんだ?って事ですね^^



住民票を有する全員に、
「1人1番号」のマイナンバー(個人番号)を
割り当てる。

そのマイナンバーを「鍵」として、
複数の機関が管理している個人情報が、
同一人物であることを確認する。

社会基盤(インフラ)のことなのです。



今までは、それぞれの機関が
管理してた事を、このマイナンバーで
行政も管理する事ができるのです。


  • 社会保険
  • 年金
  • 税金
  • 銀行口座
  •  など


    例えば!


    今までは、役所が持っている
    個人情報は税務署では、
    わかりませんでした。


    役所と、税務署は近いようで、
    実は繋がっていなかったのです。


    それを、マイナンバーで、
    迅速かつ確実に、情報連携
    行えるようになります。


    税金や年金を払わない、
    悪質な場合は、預金の情報も
    知れ渡ることになるのですっ!


    マイナンバー恐るべしです(^_^;)



  • 税金をしっかり払っている人
  • 預金が沢山あるのに、払ってない人



  • こう言ったことがないように、
    公正・公平な社会を実現する!事が、
    マイナンバー導入のきっかけに
    なったとされています。


    Sponsored Link



    マイナンバー開始前の準備は?


    マイナンバーの「通知カード」は、
    住民票のある住所へ、
    簡易書留で郵送されます。
    (転送不可)


    郵送される前に、これらを確認しておきましょう!


    現在の住所と、住民票上の住所は一致していますか?


    過去1年以内に、ご自身やご家族で、
    下記のようなことはなかったか、
    確認してみましょう!

     

  • 結婚、転勤や住まいの購入などで引っ越しをした
  • お子様の通学の事情等で住民票を移した
  • 一人暮らしの子供がいる
  • 単身赴任の家族がいる


  • 当てはまる方は、再度住民票を、
    チェックしておきましょう。


    通知カードは、転送はできません!


    住民票の住所と、現住所が異なると、
    受け取れなくなります。


    事前に確認しておきましょう。


    諸事情で現住所と、住民票が異なる場合は?


    例えば、


  • 施設や医療機関などに長期入居している
  • 犯罪被害などで、住民票と現在の住所が異なる
  • その他諸事情で、住民票と現在の住所が異なる


  • このように、様々な事情で現在の住まいと、
    住民票の住所が異なる場合は。


    マイナンバー「通知カード」の、
    送付先変更の手続きができます。


  • 期間:2015年8月24日~9月25日
  • どこで?:住民票のある市区町村






  • この手続きをすることで、
    確実に現在の住所に、
    マイナンバーが送付されます。


    もし、住民票のある役所が遠い場合は、
    電話で問い合わせてみましょう。


    マイナンバーが記載された「通知カード」は、
    重要な個人情報になります!


    確実に本人が受け取れるよう、
    準備しておきましょう。


    マイナンバーは大切な個人情報!家族でルールを決めておこう!


    マイナンバーは、法で定められた分野で、
    使用される個人ナンバーです。


    このナンバーを、他者に知らせる際には、
    身分証明が必要になります。


    納税や年金の管理にも使用されます。


    なので、届いた後うっかり子どもに教えて、
    口外されてしまったり、
    持ち出されることのないよう配慮が必要です。



    今のうちに、保管場所を決めておいたり、
    不審電話対策など、家族間で取扱いの
    ルールを決めておくと安心です。


    最後に


    マイナンバー制度開始前に、
    準備しておきたいことを、
    まとめますね。



  • マイナンバー「通知カード」を、
    確実にご自身で受け取れるよう住民票の確認!

  • 保管場所など家族間でルール決めしておく




  • マイナンバー通知カードは、
    2015年10月5日時点での、
    住民票の住所宛てに送付されます。


    確実に「通知カード」が
    届くように、しっかり準備を
    しておいてくださいませ。


    マイナンバー制度について、
    「知りたい!」を、
    どんどんシェアしたい思いますヽ(*´∀`)ノ



    Sponsored Link



       

    この記事が少しでも【役に立った!】と感じて頂けましたら、
    上のソーシャルボタンより共有して頂けると励みになります!

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ