京都葵祭2018♪日程は?おすすめの見学場所はココ!






2018年京都葵祭 日程は5月15日



今年初めて、京都葵祭2018に
行かれる方!


img_6979a
写真提供:京都を歩くアルバム


新緑に包まれた王朝行列を、
目の前で見たくないですか?



出発の京都御所、到着の下鴨神社・上鴨神社
で、見るのもいいのですが
ベストシーズンの5月!


この新緑もまとめて葵祭です!!


きっと平安時代にタイムスリップ
したかの様な、不思議な感覚を
持つ事間違いなし!


葵祭の日は、しっかり?仕事を休み^^;
毎年ツアーコンダクターかのように、
色んな知人を案内してきました!


今年は管理人おすすめの場所で、
是非京都葵祭2018を楽しんでほしいです♪




出発の京都御所は、かなり混雑するので
ゆっくり、ゆったり見学できる
おすすめの場所を紹介しますねヽ(*´∀`)ノ



まずは、葵祭の歴史から
見ていってくださいませ。


Sponsored Link




葵祭とは?


京都三大祭 「祇園祭「時代祭「葵祭」
のひとつ
になります。


葵祭は、賀茂別雷神社(上賀茂神社)と
賀茂御祖神社(下鴨神社)の
春の例祭です。



葵祭は平安時代から
行なわれているといい、
王朝風俗の伝統が残る、
貴族の祭として知られます。



『源氏物語』や『枕草子』
『今昔物語集』『徒然草』
などにも、葵祭の風情が
描かれていますよね^^


平安時代中期には、
単に「祭」といえば、
葵祭を指すものだったというほど、
有名で伝統的な祭事なのです。



葵祭は、この3つの儀で構成されています。


  • 宮中の儀
  • 社頭の儀
  • 路頭の儀


  • しかし現在は「宮中の儀」は省かれ
    「社頭の儀」「路頭の儀」のみ残されています。


    残されたふたつの、
    「社頭の儀」と「路頭の儀」
    説明していきますね。



    Sponsored Link



    社頭の儀

    天皇の遣いである勅使が、
    賀茂の神に御幣物を奉納し、
    五穀豊穣、国民の健康を祈願する儀。

    この社頭の儀は関係者以外は
    非公開でしたが、最近では
    席に余裕があれば、一般でも
    参加できるようになりましたv

    しかし、チケットなどはどこにも
    売ってなく、直接神社に初穂料として
    5000円を支払う形になります。


    路頭の儀


    葵祭メインになる行列のことです。

    この行列、ただ町を練り歩いてる
    だけではありません!

    勅使が、天皇から預かった
    お供え物と祝詞を賀茂神社に
    届けるために、巡行しているのです。


    なので、出発が京都御所になって
    いるのもうなずけますね^^



    そんな優雅な王朝行列を見学できる
    おすすめの場所をシェアしたいと
    思います♪



    おすすめ見学場所


    北大路橋~御園橋をつなぐ「加茂街道」


    加茂街道

    直線道なので、行列が遠くから
    やってくる様をゆっくり
    見ることができます。



    しかも、木々の緑あふれる並木道なので、
    日陰も多く快適に見学できるのが
    かなりオススメ!


    沿道には人は多いけれど、
    余裕で場所も取れ、後ろからグイグイ
    押されることもなく、見学できますよ^^


    遠方から来られる方は、
    下の地図を、参考にしてみて下さいね。





    もう一つのおすすめ場所は!


    鴨川の河原


    行列が最後に渡る橋
    上賀茂神社近くの「御園橋」下の河原


    御園橋

    行列からは離れますが、遠目からのんびりと
    眺めたい方
    には、鴨川の河原がイチオシ!



    その昔、この御園橋は祭礼が
    行われるときだけ架けられていました。

    終わるとその度に撤去していたのです。


    なので、昔の人は橋の上ではなく、
    河原に降りて王朝行列を眺めていたそうです。


    そんな昔の方と同じ
    体験ができるのも貴重ですね^^




    御園橋西詰から、河原に降りて
    全体が眺められる場所を確保してくださいね。



    最後に


    お祭りって各地で様々な歴史が
    ありますが、京都の祭は別格だと
    感じてるのは私だけ?かな?^^;


    天候に恵まれることを
    祈りつつ、新緑に包まれた
    王朝行列を、楽しめますよう
    祈っておりますヽ(*´∀`)ノ




    Sponsored Link


       

    この記事が少しでも【役に立った!】と感じて頂けましたら、
    上のソーシャルボタンより共有して頂けると励みになります!

    2 Responses to “京都葵祭2018♪日程は?おすすめの見学場所はココ!”

    1. 葵祭  より:

      […] れています。サイトはこちら。 […]

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ